体の異変を感じ貧血かもと思ったら即対応

体の異変を感じ貧血かもと思ったら即対応

6 12月, 2014

女性は、生理があるため、男性よりも貧血の人が多いと言われています。

また、普段は大丈夫でも、妊娠中は、貧血になりやすかったりもします。

貧血の時の対処方法をお話したいと思います。

まず、自覚症状がある場合とない場合があります。

貧血の状は、めまいやたちくらみ、めまいや頭痛、疲れやすいなどがあります。

自覚症状がなくても、健康診断などの血液検査で発覚することもあります。

鉄分が足りないことで起きますから、軽い貧血の場合は、鉄分の多い食材を意識して摂るようにします。

小松菜やほうれん草、ひじきやレバーなどです。

また、鉄分を多く含む栄養ドリンクやサプリメントなどもあります。

症状が酷い場合や改善しない場合は、医療機関の受診が必要です。

薬を処方してくれます。

飲む薬は、中には、身体に合わない場合もあります。

その場合は、注射になります。

注射での貧血改善方法は、副作用はなく安心です。

しかし、注射するために通院が必要です。

過度なダイエットや偏食でも、貧血になる場合があるので、注意が必要です。

急にたちくらみなどの症状が出た場合、慌てて動かず、低い体勢で安静にし転倒を防ぎます。

治まったと思っても急に動き出さず、ゆっくりと様子を見ながら行動します。